2014年〆の日本酒は、このお酒にしました。

2014年はちょうど我々の結婚10周年。なので
大西唯克くん10造り目の而今にしました!
純米大吟醸と純米大吟醸の斗瓶。

20141231_213118

而今 純米大吟醸 斗瓶

箱は純米大吟醸表示だが、箱の角に黄色く丸いシールが貼られている。
純米大吟醸と区別するためか。
香り、青リンゴ、メロン、洋ナシなどを連想する甘くフルーティーな香りに
麹様の香りが後から追いかけてくる。スワリングすると甘い香りが増す。

鋭く切れ込んでくるような甘味なのに、着地はフワッと舌全体に広がる
感じで粘度が高く、余韻が長い。
甘味の押し出しが強い而今らしい味ながら、ひけがきれいで「飲めちゃう」
お酒。
アフターは辛口に切れ上がる印象、常温近くなると滑らかになり穏やかさ
を増す。
<データ>
三重県産山田錦40%精米、アルコール度数16%、製造年月日:2014.11


而今 純米大吟醸

純米大吟醸は1年前のもの。
香り、乳製品、水あめ様の甘い香り。斗瓶に比較すると少し抑え目か。
アフターに藁・牧草のような苦味を連想させる香りも感じる。
なめらかな口当たりに果実を思わせる甘味の広がり。
どちらが良いかは甲乙つけがたいが、1年の違いもあり、
斗瓶の方が味、香り共に鮮烈な印象。
<データ>
三重県産山田錦40%精米、アルコール度数16%、酵母:自社酵母、
日本酒度±0、アミノ酸度1.1、酸度1.4、製造年月日:H25.10月」


        
           日本酒 ブログランキングへ