昨日は、田代さんにお誘いいただき、新富町の「旬恵庵 あら垣」さんへ。
吉祥寺「肉山」の光山氏が手掛けたということで、早くも予約困難になっているようです。
コースは14000円の1コースのみ。(税別)
飲み物も、ビールはマスターズドリームや、日本酒も而今、奈良萬、田中六十五、ウィスキーもマッカランなど充実の品揃え。(コースとは別料金)

その昔、厚木の天ぷら屋さんで、定期的に日本酒の会をやっていたことが日本酒との出だしなので、楽しみにやって来ました。何か久しぶりな感じです。

お酒の持ち込み可、とのことなので、南部美人の結の香 大吟醸 斗瓶取りを1本持参。田代さんが、山川光男を持ち込んでの夕食となりました。
では、さっそくコースのスタート♪

小柱のサラダ
刺身盛合せ:真鯛、マコガレイ、ボタンエビ(煎り酒、フレンチドレッシングで)
車海老頭焼き

〈天ぷら〉
車海老(鹿児島)2本
花オクラ
オクラ (沖縄)
賀茂茄子

キス(江戸前)
スミイカ(淡路島)
生麩
佐島の甘鯛
メゴチ(江戸前)
満願寺とうがらし(緑・赤)
 
インゲン(秋田)
ホタテ(北海道)
しいたけ(岩手)
里芋、アンチョビソース
アワビ(千葉)・・・酒蒸ししてあり、柔らかい。アワビの肝の自家製塩で。アワビの食べてる昆布の味が強く出てます♪
マナガツオ(愛媛)・・・昆布締め、ひと塩したものを天ぷらにしており、仕事が繊細
ホワイトアスパラ(北海道)・・・そのまま+紫蘇巻き梅酒盗にしたもの
穴子
じゅんさい、鱧、海老の冷製お椀 ・・・夏らしくお酢の酸味を利かせてあります
イチジクのシャーベット
沖縄 黒糖プリン
〆の天丼または天茶漬け

仕事が細かく丁寧で、ひと手間かかっています。
そんな天ぷらを20種も出していただき、終わる頃には満腹でした。
天つゆの方が合うと考えているものは、揚げ台ではなく、天つゆの器に、直接入れてくれるなど、食し方にもこだわりの提供がありました。
聞くところによると、勝どきで長らく天ぷら屋さんをやっていたそうですが、立ち退きになりこちらに来たそうです。天ぷら屋としての修業ではなく、日本料理屋での修業だったそうです。
確かに、懐石で出されるようなきれいな天ぷらの印象です。もうね、揚げる前に並べられた状態から彩りもきれいでしたよ。
かなりさっぱりと食べれたのですが、揚げ油を聞いてみたら白絞油をメインに胡麻油を2種類ブレンドしているとのことでした。ただし、ご主人が胡麻油の香りが強くなりすぎるのが好きではないとのことで、胡麻油っぽさはあまり感じず。さっぱりと感じたのは、その辺りが影響しているのかも知れませんね。
店主・新垣さんは沖縄の出身で、オクラや黒糖など、沖縄の食材も積極的に使われているようです。

値段も人気も、そうそう来れるお店では無さそですが(笑)、また食べたいと思わせる幸せな気分になれる味でした♪

日本酒ランキング