下田「MINORIKAWA」。

IMG_7444
IMG_7445

下田散策の最後は、スペイン料理!

店名からもわかると思いますが、みのもんたさんのご親戚だとか。

このお店がまた美味しいのです。

スペイン料理と、鹿、猪、スッポンなど伊豆の地場産の食材とのコラボが絶妙なのです。

IMG_7446
IMG_7447

本日は、久保田の雪峰を持ち込ませていただき、店の日本酒とともに合わせて見ることに。

北スペイン、ガリシア地方で、地元のワインを飲む時に使われる陶器で、「クンカ」と呼ばれるものがあるらしく、今回はそれを使わせていただきました。

ぐい呑に通じるものがあり、どこか親近感を覚えてしまいます。ピンチョスなどのフィンガーフードも通じるものがあるしね。

IMG_7457
IMG_7451
IMG_7453

ニンニクのスープは、しいたけ?の食感と深い味。いつもこのスープが飲めたらなあ、と思う。

IMG_7448
ひな鶏のモザイク タルタルソース添え

冷製。鶏の食感が楽しめる。

IMG_7455

IMG_7449
IMG_7450

セシーナ(自家製牛の生ハム)

スペインらしい香辛料を使い、トマト、紅芯大根、紫玉ねぎなどを使い、サラダ仕立てにしてあります♪

牛も柔らかい。

IMG_7456

金目鯛のかりかりうろこ焼き

淡白な白身と、パリパリの皮目。金目鯛のホワイトソースを敷き詰めたものと一緒に食べると、まあおいしいですわ!

IMG_7458
IMG_7460

鹿肉の炭火焼とスネ肉の煮込み。

鹿のスネ肉と花垣 米しずくの熟成酒の可能性ってあるなあと思う。酒の単体だと熟成感が強い酒ながら、スネ肉と共に食べると、嫌なところが全部消えた。

IMG_7462

蓬莱泉の可は軽やかに感じる。そつなくなんでも合う。

久保田の雪峰も、幅広く合う。萬寿は、速醸と山廃のブレンドらしいが、その山廃の部分がこの雪峰とのこと。甘味と優しさがあり、山廃によく見られる酸っぱさや粉っぽさがない。

スノーピークとのコラボであることからもわかる通り、野趣あふれる料理との相性を考えたということなので、ここの料理とは合うと思っていた♪



ラストは、パエリア。

イベリコ豚や、伊豆で取れた赤エビもいいなあ、と思いながら、「今日も卵付けられますよ!」と言われてしまうとともにやっぱりすっぽんのパエリア。

なぜか今回の方が美味しく感じた!

IMG_7463
IMG_7464
IMG_7465

本日も美味しかった!」。

下田散策の最後は、スペイン料理!

店名からもわかると思いますが、みのもんたさんのご親戚だとか。

このお店がまた美味しいのです。

スペイン料理と、鹿、猪、スッポンなど伊豆の地場産の食材とのコラボが絶妙なのです。


本日は、久保田の雪峰を持ち込ませていただき、店の日本酒とともに合わせて見ることに。


ニンニクのスープは、しいたけ?の食感と深い味。いつもこのスープが飲めたらなあ、と思う。


ひな鶏のモザイク タルタルソース添え

冷製。鶏の食感が楽しめる。


セシーナ(自家製牛の生ハム)

スペインらしい香辛料を使い、トマト、紅芯大根、紫玉ねぎなどを使い、サラダ仕立てにしてあります♪

牛も柔らかい。


金目鯛のかりかりうろこ焼き

淡白な白身と、パリパリの皮目。金目鯛のホワイトソースを敷き詰めたものと一緒に食べると、まあおいしいですわ!


鹿肉の炭火焼とスネ肉の煮込み。

鹿のスネ肉と花垣 米しずくの熟成酒の可能性ってあるなあと思う。酒の単体だと熟成感が強い酒ながら、スネ肉と共に食べると、嫌なところが全部消えた。


蓬莱泉の可は軽やかに感じる。そつなくなんでも合う。

久保田の雪峰も、幅広く合う。萬寿は、速醸と山廃のブレンドらしいが、その山廃の部分がこの雪峰とのこと。甘味と優しさがあり、山廃によく見られる酸っぱさや粉っぽさがない。

スノーピークとのコラボであることからもわかる通り、野趣あふれる料理との相性を考えたということなので、ここの料理とは合うと思っていた♪



ラストは、パエリア。

イベリコ豚や、伊豆で取れた赤エビもいいなあ、と思いながら、「今日も卵付けられますよ!」と言われてしまうとともにやっぱりすっぽんのパエリア。

なぜか今回の方が美味しく感じた!


本日も美味しかった!


日本酒ランキング